とりあえず銅の剣

ゲームレビュー、ゲームニュース等のサイトです

| PAGE-SELECT | NEXT >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

空の軌跡FC レビュー

空の軌跡FC

評価 A空の軌跡FC

                                 発売日:2006/9/28

■総評■
Aです。
多種多様なキャラや壮大な世界観などその世界観に引き込まれるためゲームに熱中していけるという理由でこの評価です。もちろん戦闘などのバランスも難しすぎず、簡単すぎないためヘビーユーザーもライトユーザーも楽しめる難易度になっていると思います。
スポンサーサイト

| PSP | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

俺の屍を越えてゆけ レビュー

俺の屍を越えてゆけ

評価 Aoresikarebyu-.jpg
                            発売日:2011/11/10

■総評■
Aです。私は非常に楽しんでプレイが出来ました。ただPS版とあまり変わりがなかった事やシステム周りがやはりPSといった感じで最近の方々には合うのだろうかという感想を持ったことから評価はA止まりとなっています。

■グラフィック・音楽■

グラフィックはPSに比べたら良くなったと感じますが、そこまで大きな変わりはみせていません。
しかし、その独特な絵のほうが時代背景を感じられ妖怪や神様といった日本古来のものの表現がしっかりとされており良かったです。画面のカクつきは感じませんでした。
音楽に関してですが、主題歌の花という曲が非常にあっています。歌詞1つ1つが『俺の屍を越えてゆけ』というゲームを物語っているようで、最後までプレイするととても悲しくなりました。
しかし、全体的にこの曲が使われるシーンが多く他の曲が少なかったように感じます。

■シナリオ■
主人公の家系が鬼を倒せるという設定で鬼退治に向かいます。ただ、主人公の家系には呪いがかけられていて、非常に寿命が短く一般人との子どもも出来ないので神様と子どもを産んで家系を繋げていき最後の鬼を倒すというのが目的です。
全体的に欝展開が続くので合う人には合うという感じのゲームになっています。
どんどん子どもが死ぬので1人1人死ぬごとに悲しくなります。その度に主題歌の花が頭を巡ってさらに悲しくなります。
ただ、最後は達成感を味わえると思います。

■システム■
RPGでは珍しくこのゲームでは4つの難易度を選択できます。
一番難しい難易度でやると、敵が強い、強い子が生まれないで非常に難しいです。
自分に合わせた難易度でプレイできるのは時間がない方、シナリオを楽しみたい方等数多くのプレイヤーに合わせてあってよかったと思います。
子どもを産んで4人一組のPTを組んでダンジョンをクリアしていきます。
ダンジョン数はあまり多くなかったです。
戦闘システム自体は似たような物も多いと思いましたが最初にスロットで貰えるアイテムが変動するなど他には無いシステムを採用していて楽しめました。
全体的に職業のバランスがなんとも言えません。中盤までの繋ぎにはなんとか使える職業でも完全上位互換とも言える職業がいて好きで使うのはいいですが・・という状態になります。
セーブに関してですがPS版より非常に早いと思いました。PS版ではセーブ画面に行くだけで悲しくなるような演出があったので個人的には嬉しいです。
お金を町に寄付すると色々な旅の補助になるのでお金の使い方を考えながらプレイしたほうが良いと思います。

■その他■
クソゲーwikiにも登場した時期もあり賛否両論あるゲームであると思います。(現在では良ゲーwikiに移転しています)
欝ゲーの部類にはいると思いますが個人的に最後までプレイをすると感動できると思いますので最後まで諦めない精神が必要です。
1人1人当主が亡くなる際に遺言が出るのですが、この一言一言がまた悲しくなります。
神様が可愛いです。能力より見た目でどの神様の子供を産むかと考えてしまいます。

関連サイト
俺の屍を越えてゆけ 公式サイト

文責:T

| PSP | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

FINAL FANTASY 零式 レビュー

FINAL FANTASY 零式

評価 Bzeorooosikiii.jpg
                              発売日:2011/10/27

■総評■
Bです。グラフィックはPSPの中ではかなり上のほうだとおもいます。ムービーにも作りこみがしっかり出来ていて良かったです。ただ全体的に、用語が多かったりいきなり出てくる人の説明が不十分であったり等シナリオ面、システム面に多くの残念さが出ていて分かりにくい、操作にさくさく感か全くない事、戦闘でも作業の様になってしまった事が多い点などからこの評価になっています。

■グラフィック・音楽■
PSPでこのグラフィックならかなりの出来だと思います。特に処理落ち等も感じられませんでした。
音楽についても過去の作品から良い音楽を持ってきて使われている部分が多く良かったと思います。しかし、新しい音楽が少し少なくて残念でした。
全体的に見れば音楽・グラフィックには満足のいく出来でした。
ただ、慣れてくればいいのですが少しカメラワークが見にくいです。

■システム■
魔法の強化や召還の強化、新しいアビリティの取得等レベルとは別に成長させれるものが多くて良かったです。
ただセーブポイントでしか装備の変更ができない、PTメンバーの入れ替えも基本的にはセーブポイントでしか出来ないというのが使いにくくて困りました。
また、メンバーが多いのに3人しか戦闘に出せずリザーブメンバーに入っているキャラに経験地が入らないのでどうしてもレベル格差が広がってしまうと思います。戦闘中にリザーブメンバーの入れ替えが出来れば良かったのですが、戦闘中は1キャラが戦闘不能になるまでキャラの入れ替えが出来ないという仕様なので結局変えれずにという場面が多く出てきました。
この様にシステム面はあまり良くないです。戦闘中リザーブキャラの入れ替えが出来るだけでだいぶ快適になるかと思いますが。

■シナリオ■
専門用語が多すぎて理解に苦労します。簡単に言えば『0組所属の魔法軍』vs『機械軍』といった感じなのでしょうが、最初から最後までカタカナの様な単語が数多く出てきて頭に入ってきにくいです。
私は1周しかクリアしていないので分かりませんが2周目で分からなかった謎が分かるとのことです。
基本的には1本道ですが、ミッションとミッションの間の時間を使って依頼をこなしたり色々な話を聞くことが出来ます。時間制限があり見ることが出来る話には限りがありますが色々大事な話も聞けるのでサブミッション中も退屈はしませんでした。

■戦闘■
戦闘はキルサイトを狙って攻撃する。というのが基本であり基本さえしっかり出来ていれば負けることは殆ど無いような内容になっています。
ボスによっては1人で戦った方がやりやすい物等出てきて少し残念でした。
しかし、キルサイトがばしばし決まると気持ちが良いです。爽快感はあると思いました。
アクションが好きな方には向いている戦闘システムであり、従来のコマンドタイプが好きな方には少し物足りない。そんな戦闘であったと感じます。

■その他■
チョコボが消耗品でありマップ移動が結構めんどくさいです。
ミッションの時間が4割、準備時間が2割、サブミッションが4割といった感じの割り振りになるのでは無いかと思います。
キャラによって性能差がすごいあると感じました。中には1キャラでミッションクリアを出来るようなキャラも居て少し残念ですが、基本的に好きなキャラを使っていても問題ないと思います。
2周目への引継ぎではレベル、1周目で見たシナリオに(済)マークが表示されるなど2周目プレイでさくさく行えるようになっています。

関連サイト
FINAL FANTASY 零式 公式サイト

文責:T

| PSP | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

グランナイツヒストリー レビュー

グランナイツヒストリー

BBbgurann.jpg
                               発売日:2011/9/01

■総評■
Bです。オフラインで自分の部隊を育てオンライン上で戦わせるというのがこのゲームの主な流れになります。その為オンラインに接続できない場合楽しめない要素が多い点。PSPの場合無線を使用しないとオンラインに接続できないということがあり接続が少し大変な点からこの評価になっています。
自分の好きなようにスキルや装備を選んで部隊を育てていくのが楽しいです。またオンライン戦場では相手の防御のタイミングを読んだりなど戦闘での読みあいに楽しさがあります。

■グラフィック・音楽■
自分の部隊の1人1人キャラ作成が出来て、服装等の変化ができる点はよかったです。
絵が綺麗で良いですが、あまり派手な動きはありません。処理落ち等は無かったです。
音楽に関しては良いです。戦闘音であったりとよく作られていると感じました。

■シナリオ■
自分の部隊を訓練で育てたり、クエストをこなしながら鍛えたり、その育てたキャラを使用して戦場に出たりなど自分の好きなように進んでいくゲームです。
一応最終のクエスト等は存在しますがやり込みがメインとなるゲームなのでシナリオらしいシナリオはそこまで存在しません。

■戦闘■
戦闘では4人1組の隊を組み戦います。陣形や持たせる武器によって色々な戦いが出来ます。しかし、どのキャラも育てていくと大抵同じ形になってしまうのが残念でした。
オフラインでは相手の攻撃を読んでガード等しなくても良いのでちょっと単調な戦闘になってしまうことが多かったです。
しかし、オンラインの戦闘では職によっての有利不利があるので相手の攻撃を読んでガード等数多くの戦術が存在して非常に楽しいです。

■システム■
オンライン要素が強いのが残念です。オンラインに繋ぐためには無線が必要なので無線環境の無い方は買わない方が良いかと思います。
オンライン、オフラインの戦場というシステムでは自分の育てた隊を使って自分の国の領土を増やしていくというシステムになります。
自分の隊を育てて戦わせるというシステムに魅力を持てたので私は楽しく遊べました。

■その他■
ロードが非常に長いのですが、ゲームインストールがOP後にあるのでそこでインストールをすると気にならなくなります。
やり込み要素が多いので長い時間できるゲームであると思います。

グランナイツヒストリー 公式サイト

文責:T

| PSP | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ブラックロックシューター THE GAME レビュー

ブラックロックシューター THE GAME

Cburaro.jpg
                            発売日:2011/8/25

■総評■
Cです。良くも悪くもキャラゲーです。声優も豪華なのでその辺は良かったです。
あとムービーにかっこいい部分がありました。
ゲーム性を見ると、アクション性の無さ、全体的に単調と残念な部分しか挙がってきません。
モデルがブラックロックシューターという人気キャラでなかったらD評価をつけたと思います。

■グラフィック・音楽■
ムービー中のグラフィックに関しては綺麗な部分が多いと思いました。特にOPに関してはかっこいいな。と思いました。ゲームプレイ中はキャラがマップの奥の方を歩いたりすると見にくい点がありました。戦闘中や移動中はさすがに据え置きと張り合いが出来るとは言いませんが、PSPとしては良い方です。
音楽に関してはなかなか良かったです。OPもそうですがミッション中良いと思われるBGMが使われていました。

■システム■
戦闘中のシステムが単純で分かりやすいです。アイテムを使用する。スキルを使用するといったことが簡単に出来るのでアクション慣れしていない人には助かるのかなと思います。
しかし、アクションを期待していたプレイヤーにとっては退屈でしかありません。
戦闘中は自分で好きなように移動ができません。移動できるのは回避というアクションを使用して自分側の決められた範囲(2箇所)を横に動くだけです。そこから相手をロックオンして撃つ、スキルを使用して攻撃するといっただけのもの。そのため戦略ということが皆無です。相手の攻撃のタイミングに合わせて回避を行い違う範囲へ動く、攻撃をする、相手の攻撃のタイミングに合わせて、というだけでどんな敵でも倒せてしまいます。
完全にマンネリ状態に陥ります。
そのため難易度は低いです。私がゲームオーバーになったのは途中であったミニゲームのようなミッションで数回死んだ位でした。
ロードが非常に短くミッションのロード時間でイライラすることが無かったのが良かったです。

■シナリオ・ストーリー■
ミッションをクリアすると次のミッションが選択できてクリアしていくだけなので、寄り道という要素はありません。ダンジョン内では一本道ということもありませんがマップがついている為迷うことは無いと思います。そのためさくさく進めます。
ストーリーですがシリアス展開が多いのかなという感じでした。しかし、全体としてボリュームが少ないので王道の話でも想いいれが少なく泣けるような話でもありませんでした。
ボリュームの少なさがストーリーの良くなりそうな部分を全部壊しているという印象を感じました。もう少し1つ1つの話を長く描いてもらえればいい話だったと言えたかもしれません。

■その他■
追加要素ややり込み要素が少ないです。クリア後に少し追加要素があるのですがムービー等の使い回しが目立ちます。
正直このゲームはおまけがゲームといった感じです。キャラが好きで買うという方は限定ボックスの方を購入したほうが良いのではないかと思います。
以下ネタバレになるのでスクロールで表示されます。
クリア後に今までのボス連戦という要素がありますが、敵の強さが殆ど変わっていない、結局使いまわしだったという感じで楽しむ程のものではありませんでした。

文責:T

| PSP | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。