とりあえず銅の剣

ゲームレビュー、ゲームニュース等のサイトです

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

L.A.ノワール レビュー

L.A.ノワール

BBbnowa-ru.jpg
                                 発売日:2011/07/07

■総評■
評価としてはBとなっています。
相手の表情、1つ1つの仕草など言葉以外の部分で相手の嘘をあばいていくという所が他の推理ゲームとは違っていてまた作りこみも感じられて良かったです。また犯人とのカーチェイス等も非常に楽しかったです。しかし、グランドセフトオートのような感じを期待していた事もあり悪の道に手を染めた刑事というのも体験できるのだろうかと期待をしていた事もありそういう事があまり出来ない点が残念でした。また推理を間違えてもシナリオが進んでいくというのは推理ゲームとしてはどうなのだろうという考えを持ってしまったためこの評価という形になっています。
しかし、1つのゲームとしては十分楽しめる内容になっているのではないでしょうか。

■グラフィック・音楽■
絵についてはRockstarGamesという感じです。このゲームの絵で素晴らしいと感じたのは人の表情についてです。本作にはオーストラリアの開発スタジオ、チームであるチームポンディが生み出した『MotionScan』というシステムの導入により実際の演技をそのまま完全にスキャンしてゲームに取り込んでいます。そのために容疑者1人1人の表情が非常に豊かです。これによりゲームのシステムが十分に生かされていると感じました。
またマップの広さや街の作りこみもしっかりされているためパトロールをする際にも楽しめるのではないかと思います。
音楽に関してはそのゲームの世界感をしっかりと出せているものが多かったです。

■システム■
本作にはRockstarGamesの代表作ともいえる、グランドセフトオートのような銃撃戦によりミッションをクリアして進めていくといったタイプのゲームではなく、捜査や尋問などから犯人をあばいていくといったゲームになります。場合によっては銃撃戦になったり、殴り合いになったりといった場面もありますがこういったアクションに関してはメインになっているわけではないので過度の期待は禁物です。
しかし、この捜査や尋問に関しては作りこみがしっかりとされていて相手の表情1つ1つに嘘をついているのではないか、何かを隠しているのではないかということが窺え尋問1つ1つが楽しみになるようなシステムであると感じました。
その他にも車で逃げる犯人を追ったりといったシーンも存在し、相手の車に衝突し壁に激突させることも可能でこのカーチェイスの部分も非常に面白かったです。

■シナリオ■
プレイヤーは新米の刑事を操り、数多くの事件を解決していくといったものです。
その中には実際に起こった凶悪な犯罪なども描かれており1940年代のロサンゼルスの雰囲気も味わえるのではないかと思います。
基本的には決められた事件を解決していくのがメインになっていますが、その事件の間にも小さな事件が起こります。そういったサブミッションをクリアしていくのも1つの楽しみになります。またサブミッションなどのクリアの度合いによって色々なアイテムが貰え服装をチェンジするといった事もできるのが良かったと思います。

■その他■
ある1つのミッションで時間を掛けすぎると対象の目標が出なくなるというバグが確認されています。その際はリスタートをするしかないようなのでご注意ください。
相棒が車に乗る前に発進すると車を必死で追いかけてきたり、車を壁に突っ込ませたりしまくっていると車が壊れて動かなくなるなど様々な部分にネタが含まれて笑える点が多かったです。また駐車している車に乗りかえるもできます。
街で銃を発砲することなどは出来ませんが、その他の部分に力をいれていて非常に良かったと思います。


文責:T

| PS3 | 02:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://toridou.blog.fc2.com/tb.php/25-960b4ff7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。