とりあえず銅の剣

ゲームレビュー、ゲームニュース等のサイトです

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ファンタシースターオンライン2発表会まとめ

本日7月26日PSO2のメディア向け発表会がありました。
本作では以前のPSOのような世界観に戻っていると感じました。

今回の1つのコンセプトとして無限の冒険というのがあるようです。
そのコンセプトのために取り入れられた3つの要素として以下のものがあるようです。
まずはマップのシステムです。毎回そのマップに入るとボスマップ以外がすべてランダムで作成され毎回違ったマップで冒険を楽しむ事ができるようです。
さらに毎回ランダムで色々なイベントが起こり、特定の敵を倒す場合、さらわれた仲間を助ける場合など数多くのイベントが用意されているようです。
PTのシステムにも変化が見られました。今までのファンタシーシリーズでは4人から6人というのが最大人数だったのですが、本作では基本的には4人という部分は変化は見られませんがマルチパーティエリアというのが存在しその中では最大12人のプレイヤーでゲームをプレイすることが可能のようです。
PSO2.png

このような3つの要素により、どんなマップになるのか。誰と出会うのか。どういったイベントが起こるのかが毎回ランダムで決められるため同じダンジョンでも毎回違う、無限の冒険ができるようになっているようです。

2つ目のコンセプトとしてあげられたのが最高のアクションでした。
どうしてもPCゲームではクリックゲーになってしまう部分があります。そのため本作品ではこのクリックゲームにならないためにも工夫がされているということでした。
1つめの工夫にはジャンプシステムの導入でした。以前のファンタシースターオンラインではジャンプのコマンドが無かったのですが本作ではジャンプシステムを導入することで戦闘のアクション性が格段にあがっているように感じました。
2つめの工夫はTPSスタイルでした。このシステムによりエネミーの弱点を狙い撃ったりでき、遠距離攻撃ならではの面白さが格段にあがっているようです。
PSO22.png
また敵のダウン時にジャンプで相手の上に乗り弱点をつく等、数多くのアクションの幅が広がっており以前のファンタシーでは出来なかったシチュエーションが可能となっているようでした。

3つめのコンセプトとしてはキャラクタークリエイトの面白さということでした。
このシステムではまだ作成段階にもかかわらず数多くのパーツがあり、顔の輪郭から始まり身長や腕の長さ腕の太さといった相当細かい部分まで選択してキャラを作ることが出来ます。
これから製品版ができるまでにはどんどん作成する際のアイテムも増えていくようなのでキャラ作成だけで1日かかるということもあるのではないかと感じました。
pssss.png

このように数多くの点において革命とも言えるほどの変化が目につきます。
まだ開発状態なのでこれからもどんどん素晴らしいシステムの実装があるのではないでしょうか。
また9月に行われる東京ゲームショウにも参加されるようで、その際に新たな発表がされるようです。
ぜひファンタシースターオンライン2の情報が欲しい方は参加してみても良いのではないでしょうか。

関連サイト
ファンタシースターオンライン2 公式サイト
ニコニコ生放送 ファンタシースターオンライン発表会
(注意:7月26日15時48分に終わった放送です)
東京ゲームショウ2011 公式サイト

文責:T


| ゲームニュース | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://toridou.blog.fc2.com/tb.php/62-1ec4517d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。