とりあえず銅の剣

ゲームレビュー、ゲームニュース等のサイトです

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

墨鬼 レビュー

墨鬼-SUMIONI-

評価 Csumioniiii.jpg
                                  発売日:2012/2/9

■総評■

Cです。この値段でこの内容には納得する箇所がほとんど見つからなかったのがこの評価にした訳です。ゲームとしてはVITAの機能を生かそうとした部分も見られ、絵、世界観であったりは独特で素敵であると思いました。ただ、ゲーム要素として1ルート30分程度で終わってしまうボリューム、敵キャラの使いまわしなど酷かった部分が目に付きました。操作性も画面タッチやボタン操作を同時に行う事(タッチパネルだけでも行えますが、操作しづらかったです)が多く忙しいわりに面白くなく無理やりVITAの機能を使わせようとする部分が目立ちました。タッチパネルを使った新しいシステムという点では面白かったですが正直使いづらさが目立ってしまいました。
DLアプリとして2000円位で登場したら十分良作であったと感じますが、フルプライスでこの出来には正直がっかりしています。

詳細は続きを読むで閲覧ください


■グラフィック・音楽■
グラフィックに関しては今出ているVITAタイトルでは低いほうではないといった程度。ただ、ああいった絵なのでその雰囲気が好きな人には気に入る事ができるものになっていると感じます。しかし、横スクロールということもありこれで汚かったら正直駄目だと思うのでそれも含めて普通といった感じになっています。
音楽に関しては全体的に綺麗な音楽でまとまっている部分もあったので良かったかなという印象ですが、そこまでといったものは特に印象にありませんでした

■シナリオ・システム■

シナリオは鬼が都を助けにいくまでの話といった感じになっています。
シナリオ自体に作りこみは感じませんでしたし、この部分は評価対象に入れなくても問題ない程度のものになっています。
システムとしては横スクロールのアクションゲームです。
画面をタッチして墨で道を作り鬼にダメージを与えないように進みながら敵を倒していきます。中にはタッチした範囲に炎を出したりするアクションもあります。
とてもシンプルなシステムになっているので分かりやすかった部分は多かったです。
ただ、敵キャラの使いまわし、ダンジョンの簡単さ、画面タッチをしながらボタン操作と忙しかったというのが印象に残りました。
ダンジョンクリアの時間やダメージ?(詳しくは分かりません)によってそのダンジョンの評価が変わりストーリーが分岐していきます。難易度としてはルートによってかなり違いました。墨汁以外の水というアクションでかき消せる弾を弾幕ゲームのように放ってくる敵と普通の敵がコラボしてかき消すのに必死で普通の攻撃を食らうなどなかなか難しいステージもありました。クリアはできるが高評価を取って分岐をさせるのが中々大変といった程度ですが分岐させるのは結構慣れが必要かもしれません。
ルートとしては6ルート程度あるのですがどれも30分から1時間で終わるとボリュームの少なさにがっかりしました。

■その他■
1ステージを手軽に短時間でさくさくプレイしたいと考えているゲーマーにとっては面白い作品だったと思いますが、長時間1作品を楽しみたいと考えているプレイヤーにとっては物足りないといった感じでした。
最近ではスマートフォンなどでも無料または500円とかでもこういったアプリがあるのでせっかくのフルプライスならばもう少し練って欲しかったというのが感想です。
ゲーム自体は分かりやすく手軽に覚えれる操作と面白かった部分はありましたが、物足りないというのが結論です。

文責:T

| PS Vita | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://toridou.blog.fc2.com/tb.php/887-8fabc071

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。