とりあえず銅の剣

ゲームレビュー、ゲームニュース等のサイトです

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動 レビュー

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動

評価 Aグラビティデイズ

                                  発売日:2012/2/9

■総評■

Aです。
久々に面白いソフトを買ったなーという印象です。
箱庭アクションというのはジャンルとしてもメジャーですがそこに360度自由に飛び回れるアクションを組み込んだところがとても新鮮味を感じました。
ボリュームが少ないという点がすこし気になりましたがそれでもこの評価です。管理人もそこそこ自信を持ってオススメできる1本です。3D酔いが苦手な方はご注意を…

詳細は続きを読むで閲覧ください


■グラフィック・音楽■
街の雰囲気にあった音楽が特に印象的でした。飛び回ったり、探索することが多い本作でBGMがよかったのは大きいプラス要因だと思います。
グラフィックに関しては少しくせがあるため苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、全体で見れば作りこまれた街並みや挿入されるアメコミ風の漫画スタイルも非常にしっかりと描かれていると思います。こういってしまうとアレですが目に見える範囲全ての場所に立つことができるので街全体がそのレベルのクオリティだということです。

■シナリオ・システム■
わかることもあれば、わからないこともあるという印象でしょうか。DLCや続編が楽しみです。
若干ですがメニューのユーザーインターフェースが使いにくいです。ただメニューを開くことがマップ確認と能力成長以外はほとんどないのであまり気にならないと思います。
一部のロードが長いです。ミニゲームや本編でのリトライ時のロードが長いため余計にイライラするかもしれません。それ以外のロードに関しては特に気にならないと思います。
ミニゲームが使い回しという点が少しもの寂しかったです。

■アクション■
アクション自体は戦闘がメインというより、移動や重力制御がメインと思ってください。慣れないうちは変にジャイロセンサーが反応したりすると思います。ただ慣れれば簡単で、360度自由に飛び回れますので新鮮なアクションゲームを存分に楽しめると思います。
操作自体はいたってシンプルで際どいタイミングの操作もほとんど必要ないためアクションゲームの中では簡単な操作部類に入ると思います。
戦闘等の難易度は普通です。難しくもなく簡単でもなくくらいのレベルです。

■その他■
ボリュームが少ないです。もちろんミニゲーム等のやり込みはありますがメインストーリー自体は20時間もかからないで終わるのではと思います。ただ制作側の意図としても「無意味なトロフィー作業をさせたくない」という部分があるようです。
2012年2月15日現在の話ですがDLCが出るとの話です。どのようなものになるかわかりませんが、ゲームが気にいった方は持っていてはいかがでしょうか。

文責:P

| PS Vita | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://toridou.blog.fc2.com/tb.php/893-420309a8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。