とりあえず銅の剣

ゲームレビュー、ゲームニュース等のサイトです

<< PREV | PAGE-SELECT |

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS レビュー

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS



Aoo TOG
                          発売日:2003/02/13

■総評■
Aです。ロボットアクションゲームに必要な要素はほとんど備えていると思います。
PS3でのHDリメイクも決まっている作品なので気になる方はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。もちろんこちらのPS2版も十分楽しめる作品です。
続編の製作も決まっていると聞いていますが、個人的には企業の垣根を越えて、いつの日かスーパーロボット対戦に参戦してほしいと思っています。

■グラフィック・音楽■
PS2の中で見ればグラフィックはキレイな方だと思います。
ロボットゲーらしい派手な演出も多いです。その割りに処理落ちが少ないため操作も快適に行えるので『ハイスピードアクション』というものを楽しむことができると思います。特に終盤に手に入るあるシステムを使うことによって、より『ハイスピード』というものを体験できるようになります。
音楽はロボットゲーらしい近代的な音楽というよりは民族的な音楽が多くなっています。
その中でもOP・EDに使用されている『Beyond the Bounds』は人気が高く、これを使用したOP映像もゲーム作品の中ではトップクラスの人気となっています。
SEの部分では、攻撃の音が軽く『戦っている、破壊している』という感じがあまり感じられませんでした。

■シナリオ■
シリーズ2作目ですが本作品からプレイしても特に問題ないと思います。
各キャラ個性が際立っており、いろんな意味で物語を盛り上げてくれます。
またCVに関しては非常に満足しました。多くの実力派声優を揃え、熱い部分からコメディチックな部分までしっかり描かれています。

■アクション■
特に難しい操作はありませんが、ブースト(いわゆる緊急回避)がR2のため細かいステップを行うと指が疲れます。
また数ステージだけですが戦闘方法を指定されるステージがあります。これが結構ややかしいため、周回プレイ等ではめんどうに感じるかもしれません。

■その他■
ボリュームが少ないため、アクション慣れしている人だと10~20時間で終わります。
テンポがいいと感じるか、物足りないと感じるかで印象は変わるかもしれませんが気になる方はご注意ください。

文責:P

| PS2 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大神 レビュー

大神



Aoo TOG
                            発売日:2006/4/20

■総評■
総合的に言えば文句なしのS評価です。
日本でしか生まれることのできなかった、まさに和ゲーといえるものだと思います。
激しいアクションや高難易度の謎解き等を求めない方であれば、是非プレイしてもらいたい作品です。
中古市場でも2500円から高いところであれば5000円前後と高い値段で販売されていますが、それだけの価値は十分ある作品だと思います。

■シナリオ・演出■
日本の様々な昔話をベースにSF要素などを取り入れたオリジナルのシナリオです。
また聞いたことがある名前のキャラクターも数多く出てくるためとっつきやすいかもしれません。
個人的にですがラスボスへの導入演出はPS2でも最高峰のすばらしいものだと感じました。
一人一人サブキャラクターの個性もしっかりあるため、サイドストーリーなどを細かくやってみるのもオススメです。

■グラフィック・BGM■
グラフィックパッケージからわかるとおり和風なものとなっているため個人の好き嫌いが出るかもしれません。
しかしクセがあるというだけで、汚い、雑といわけでなくグラッフィク自体は非常にきれいなものになっています。
BGMに関しても、世界観を際立たせる曲が多く、ゲームへの没入感を楽しませてくれます。
ボス戦の『太陽は昇る』などは単体の楽曲としても非常に人気のある曲となっています。

■戦闘・アクション■
ゲーム全体の難易度は低いと思います。お金も簡単に集まりますし、敵もそれほど強くない。アクションパートで少し苦戦するところがあるくらいです。
ただ、戦闘自体は本作の特徴である『筆しらべシステム』も相まって非常におもしろいものとなっています。
操作自体は簡単でアクションが苦手な方でも特に問題はないと思われます。
ロードやメニューの使い勝手といったシステム周りも特に不満はありませんでした。

■その他■
通常版は説明書の仕様が特殊になっています。そういった特殊な仕様に興味がある方はベスト版(廉価版)ではなく通常版での購入をオススメします。
寄り道などの要素も豊富にあるため、やりこみもそこそこはできます。

文責:P

| PS2 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。